新人女子に「酒作り」指示、これはセクハラ?

相手をさせられ激怒する女子に賛否両論

「飲み会」では何がセクハラに該当するのでしょう?(写真:gracilis-works / PIXTA)

「いきなりセクハラされてかなり憂鬱な社会生活を送りそうな予感」。新入社員とみられる女性が投稿した、「セクハラと女性差別だらけ」の新入社員歓迎会がネットで話題になっている。

記事は4月7日にはてな匿名ダイアリーに投稿された。これによると、女性は先輩社員に「女の子たちはこっちこっち」と呼ばれ、「腹がキツそうな」専務の前の席に座らされ、焼酎を作るよう指示されたという。また、集合写真を撮る際も「女性はこっち」と、専務の側に近寄るよう言われたそうだ。

女性はこのときの気分を「なんで自分がオッサンに酒作ってやんなきゃならんの?」「ジジイどもが会社の金でキャバクラ気分味わってるだけじゃね?」と表現し、「同じことされたらセクハラで訴えて辞めたい」とつづっている。

ネットでは、「普通じゃん」「仕事だと思ってあきらめな」という声がある一方、「こういう職場まだあるのか。昭和かよ」と批判する意見もある。今回のような体験談は、セクハラに該当するのだろうか。古金千明弁護士に聞いた(以下、古金弁護士)。

「回数」もセクハラの判断材料

当記事は弁護士ドットコムニュースの提供記事です

職場で行われる、労働者の意に反した「性的な言動」に起因するものはセクハラになります。不必要かつ過度な身体への接触や、性的関係の強要などは、原則セクハラです。性的な冗談、食事やデートに執拗に誘うといった、言葉によるセクハラもあります。

会社には職場環境配慮義務の一環として、セクハラを予防し、セクハラが発生した場合には適切に対応する義務があります。また、男女雇用機会均等法や「セクハラ指針」によって、セクハラ問題に対応すべき法律上の義務も負っています。

ただし、実際にセクハラに該当するか否かの判断は、ケースバイケースです。平均的な労働者の感じ方(主観)を踏まえ、一定の客観的な事実関係に基づいて判断されます。たとえば、意に反する性的な苦痛を伴う身体的接触の場合は、1回でもセクハラになる場合が多いでしょう。食事に誘うことは、1回だけではなかなか該当しないと思われますが、何度も断られているのにしつこく誘うとセクハラになり得ます。

次ページ内容によっては「強制わいせつ罪」にも
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。