台湾新幹線には「日本流DNA」が根付いている

現地取材で見えた!技術より重要な社員の質

ホームで指差し確認をする台鉄の女性駅員

台北─高雄間345キロメートル。東海道新幹線・東京─名古屋間にほぼ等しい全長を台湾新幹線は1時間30分で走り抜ける。運行を担うのは台湾企業などが出資する台湾高速鉄路。略称「高鉄」だ。ちなみに台湾には国有鉄道の台湾鉄路があり、こちらは「台鉄」と呼ばれる。

台湾新幹線の運行開始は2007年1月。ライバルの航空便は新幹線との競争に敗れ、2012年に同区間から撤退した。

白地に鮮やかなオレンジが映える車両「700T」は、東海道・山陽新幹線700系をベースに開発された。そのため、日本では「台湾と日本の新幹線はこんなに似ている」という視点で報じられることが多い。

ただ、完全に日本式というわけではない。過去に欧州式を導入しようとしていた経緯もあり、インフラなどいくつかの部分で日本式と欧州式が混在する。それゆえ、「台湾新幹線は日本の新幹線と別物だ」と指摘されることもある。

台鉄の訓練は“JR仕込み”

画像を拡大
オレンジ色が印象的な台湾新幹線「700T」

そもそも、台湾は気候や文化が日本とは異なるのだから、両国の新幹線の仕様が異なっていても当然だ。問題は、新幹線の最大の特徴である安全運行、それを行うためのオペレーションが日本と同じなのか、違うのか。この点はなぜかこれまで語られていない。日本のDNAは高鉄に根付いているのかどうか。それを知るために3日間の現地取材を行った。

台北駅を出発した台湾新幹線は、約20分で桃園駅に到着する。桃園国際空港の最寄り駅である桃園駅から徒歩3分の場所に高鉄の運行管理ビルがある。ここには乗務員の養成を行う研修設備や運行指令所がある。

JR東海の三島研修センターで研修を受けた台湾人の教官が、ここで日本流の安全思想を“生徒”にたたき込む。「安全を確認するための指差換呼(指を差して声に出して耳で聞く)の重要性をJR東海から学んだ。台湾でも指差換呼は乗務員、指令員、駅員の間で徹底している」と、運務部の任以永主任は話す。

次ページ運転士の実務はJRと違う?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。