新幹線から眺める数分間の「天下統一の歴史」

実は名古屋城天守も見える?車窓から城巡り

掛川の街を見晴らすように建つ掛川城

美しい茶畑が波打つように広がる牧之原台地を過ぎると、東海道新幹線は再び平野に出て掛川駅に到着する。E席側の車窓に、市街地の中心に建つ美しい天守が見えてくるだろう。山内一豊の居城としても知られる、掛川城だ。東海道新幹線の車内からは、いくつもの城址を見ることができるが、掛川城はその美しさと列車からの見通しの良さで群を抜いている。

掛川城の天守は3層4階。日本初の本格的な木造復元天守だ。1621年築の天守は、黒船来航の翌年にあたる1854(嘉永7)年に「安政の東海大地震」によって倒壊し失われていたが、1994(平成6)年に約10億円をかけて復元された。当時の建築基準法では4階建ての木造建築は認められなかったが、掛川城は3・4階部分が建物全体の8分の1以下に収まることから、「3・4階部分は物見塔で建物としては木造2階建て」として復元にこぎつけた。

美しい木造天守を復元した掛川城

この連載の記事一覧はこちら

復元にあたっては、1644年に江戸幕府が提出を命じた「正保城絵図」、1851年に作成された「御天守台石垣芝土手崩所絵図」、1854年の地震後に描かれた「遠江国掛川城地震之節損所之覚図」といった複数の資料に基づいて考証が行われた。また、山内一豊が掛川城と同じように作るよう命じたと伝わる、現存天守の一つである高知城の天守も参考にされている。美しい天守は、江戸時代の姿を正確に再現しようという努力のたまものだ。

東海道新幹線の車窓からは、他にも複数の城を見ることができる。東京から最も近いのは、最近改修が終わり、5月1日に天守がリニューアルオープンしたばかりの小田原城。小田原駅の西方、小峰トンネルの前後でA席側にちらりと天守が見える。

次ページ名古屋城は車窓から見える?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。