錯覚学-知覚の謎を解く

一川 誠著

体験された内容と実際とが異なることを総称して「錯覚」という。このうち視覚に関する錯覚は「錯視」、事柄についての認識が客観的事実と異なることを「錯誤」と呼ぶ。著者によれば、私たちが知覚を通して体験している内容は、観察されている対象の物理的特性とはさまざまな点で異なっているらしい。一方でその異なり方には何らかの規則性があったり、合理性に基づいていたりするのだとか。

人はどのように錯覚するのか。地平線の月が大きく見えたり、高速で回転する車輪の回転方向が実際とは逆に見えたりするのはなぜか。そもそも人は「正しく」見ることができるのか。錯覚に潜むリスクにも言及しながら、知覚の謎に迫る。

集英社新書 777円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。