任天堂が新型ゲーム機「NX」に懸ける本気

来3月発売!WiiU失敗の教訓は生かせるか  

任天堂の君島達己社長は決算のほか、新型ゲーム機「NX」などの質問にも答えた(写真は2015年10月の経営方針説明会。撮影:今井康一)

「『WiiU』の大幅な減少は、『NX』でかなりの部分をカバーできる」

任天堂の君島達己社長は4月28日、決算説明会の場で、新型ゲーム機「NX」の販売方針を明らかにした。2017年3月に発売予定のNXは、現行の据え置き型ゲーム機「WiiU」の後継機に相当する。このため2017年3月期はWiiUの販売計画を80万台にまで引き下げた。前期に326万台を売ったことを考えると、かなり思い切った縮小計画であることは間違いない。

NXの詳細は年内に発表される見通しで、現時点でわかっている情報は限られる。任天堂の人気タイトル「ゼルダの伝説」の新作がNX対応になるほか、スクウェア・エニックスも「ドラゴンクエスト11」をNXに対応させることを明らかにしている。一般的に新型ゲーム機は年末商戦を狙って発売されるため、3月という発売時期については、複数のアナリストから疑問の声が投げかけられた。

人気タイトルがそろわなかったWiiU

たとえば、「かつて山内溥元社長(故人)は『年末商戦を外さないことが非常に肝要である』と語っているし、岩田聡前社長(同)も『ニンテンドー3DS』を2月に発売した後、『クリスマス商戦を外したのは非常に問題だった』と言っていた。なぜNXは3月なのか」というアナリストの質問に対し、君島社長は「ハード発売のタイミングは、ソフトがどれだけあるかが重要」と説明している。

こうした戦略の背景には、WiiUの反省がある。2012年11月に発売されたWiiUは、任天堂が発売してきた家庭用ゲーム機の中で、最も売れない端末となってしまった。足元は2015年に発売した「スプラトゥーン」の大ヒットもあって堅調だが、2016年3月末時点で累計販売台数は1280万台で、今期計画を合算しても1360万台にとどまる。これは同様に販売が苦戦した、「ニンテンドーゲームキューブ」の2174万台を大幅に下回り、最も売れた据え置き型ゲーム機「Wii」の1億0163万台など、遠く及ばない水準だ。

次ページ苦戦した理由は?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。