ハウステンボスはディズニーのマネをしない

澤田秀雄HIS会長に聞く

海外旅行大手のエイチ・アイ・エス(HIS)が2010年4月に出資した長崎のテーマパーク、ハウステンボスが元気だ。創業以来18年間営業赤字だったが、HIS傘下で巧みに再建し、11年9月期に黒字化。直近の12年9月期も増益基調を維持している。

ハウステンボス社長も務めるHISの澤田秀雄会長(上写真)は、自身の反省とハウステンボス再建までの苦労談を、12年9月発売の自著『運をつかむ技術』(小学館)で披露している。澤田会長に“ダメ企業再生”の勘所と、HISのビジネスについて聞いた。

2割増収、経費2割削減でたいてい黒字になる

――著書の中で、出資当時のハウステンボスを現在の日本に例えています。

外交や福祉の問題がある国家財政と企業経営は一概に同一視できないが、日本は税収が40兆~50兆円なのに歳出が90兆円あって毎年40兆円くらいの赤字。ハウステンボスもずっと何十億円の赤字でした。

次ページ経費はディズニーの1.6倍
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
地震と原発災害<br>原発最後の選択

四国・伊方原発、北海道・泊原発の地震対策に学者から異議が相次ぐ。地震の揺れの過小評価や活断層の見落としだ。電力会社任せの対策は疑念がぬぐえない。検証方法の確立が待たれる。