米国の自動車事業から完全撤退するスズキ

存在感を発揮できず

スズキは米国の自動車事業からほぼ完全に撤退する。すでに生産からは手を引いていたが、ハワイを除いて米国における自動車販売もやめる。100%子会社ASMC社は連邦破産法11条(民事再生法に相当)に基づく更生手続きを申請した。バイクやバギー、船外機など自動車以外の事業は継続する。

スズキの米国自動車事業は、現在、日本から輸出する3車種と、日産からOEM(相手先ブランドによる生産)供給を受けている1車種と合わせて4車種を販売している。しかし、2011年の販売実績はわずか2万7000台にとどまる。ASMC社の2012年3月期業績は売上高9.5億ドル、純損益は1579万ドルの赤字、1億1785万ドルの債務超過に陥っていた。

かつてスズキはカナダに米ゼネラルモーターズ(GM)との合弁工場を持ち、北米地域での生産も行なっていたが、それでも米国では年間10万台強の販売実績が最高だった。リーマンショックの後、09年には合弁を解消、円高の定着もあり、日本からの輸出では展望が開けない状態になっていた。

スズキは軽自動車や新興国向けの小型自動車では競争力を有しているものの、相対的に大型の自動車が主流の米国市場では存在感を発揮できなかった。業績への影響についてスズキは更生手続きの先行きによるとして詳細を明らかにしていない。ただ、ASMCの再建については、減損処理など一定の会計処理は済んでいるほか、撤退する米国での自動車事業自体がすでに相当規模が小さくなっており、影響は限定的とみられる。

(撮影:今井 康一)

 

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。