あなたのシミに「本当に効く」治療法がある

4種類のシミ、それぞれ治療法

シミといっても種類によって治療方法は異なる。素人判断で決めつけないで(写真:Taka/PIXTA)

年代を問わず女性の肌悩みのトップにランクされるものといえばシミでしょう。一口にシミといっても種類があり、ケアの仕方も違ってきます。今回は、シミ治療の実際について、ご紹介します。

大きく4つに分けられるシミの種類

この連載の記事はこちら

① 老人性色素斑:紫外線によってできるシミ。女性がシミといって気にするものの半分以上はこのタイプ。数ミリから数センチ大の丸っこいシミで、頬など紫外線を受けやすい部分からできることが多い。定着したものは、レーザー治療でないととれない。

② 肝斑(かんぱん):女性ホルモンのバランスが崩れたときにできるシミ。頬骨の部分に沿って左右対称にできる。丸っこいシミでなく、太い刷毛で塗ったような大きなシミ。トラネキサム酸という内服薬が効くことがある。

③ 炎症性色素沈着:ニキビの痕などがシミになって沈着したもの。境界線がぼやけている。レーザー治療は不向きで、ケミカルピーリングや美白化粧品が有効。

④ 雀卵斑(そばかす):遺伝的な体質でできるもので、10歳頃から現れてくる。鼻を中心に1ミリ程度の大きさのシミが散らばったようにできる。よく見ると一つひとつが丸でなく三角や四角い形をしている。レーザーやIPLなどの光治療で除去できるが、紫外線に当たると再発しやすい。

シミができるとまず美白化粧品を塗ってみるという人が多いですが、どんなシミにでも効くわけではないので気をつけましょう。比較的効くのは②③のタイプのシミです。

次ページ美白化粧品は成分をチェック
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
残業禁止時代<br>働き方改革のオモテと裏

労基署から是正勧告を受けたHIS、朝日新聞社。社員が過労自殺した電通。大手でも野放し状態の残業大国・日本。残業時間の上限規制が導入予定だが、ブラック職場は改善されるか。