昨年の世界のワイン貿易量は2%増を記録

中国需要の3年ぶり復活が寄与

 4月18日、国際ブドウ・ワイン機構によると、2015年の世界のワイン貿易量は2%近く増加。世界第5位のワイン消費国である中国で、3年ぶりに消費が増加に転じた。2015年10月、上海のスーパーマーケットで撮影したワインコーナー(2016年 ロイター/Aly Song)

[パリ 18日 ロイター] - 国際ブドウ・ワイン機構(OIV)によると、2015年の世界のワイン貿易は、量では2%近い増加、金額では10.6%増加した。世界第5位のワイン消費国である中国で、3年ぶりに消費が増加に転じた。

中国のワイン輸入は44%と大幅に伸びた。一方、消費の伸びは3%にとどまったが、2013─14年には、政府によるぜいたく品取り締まりの影響で減少していた。

OIVはリポートで「中国の需要が2015年の貿易拡大の最大要因になった」と述べている。

昨年増加に転じた背景には、中国の中産階級に赤ワイン人気が浸透しつつあることが挙げられる。ステータスシンボルとみられていることに加え、健康に良いと考えられているという。

中国ではワイン生産も着実に増えている。ブドウ栽培の面積は2014年にフランスを抜き、昨年はスペインに次ぐ世界2位の栽培国になった。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
深圳発 中国メイカー革命<br>君は沸騰都市を見たか?

アジアのシリコンバレー、中国・深圳。スマホの世界大手ファーウェイ、ドローンの最大手DJIが本社を構える。起業家の野心が沸騰する街から始まった製造業革命の実像に迫る。