成田−韓国線980円で話題!エアアジアの急所

格安航空会社の課題

成田韓国線980円で話題!エアアジアの急所

「8月の国内線就航時には『電車やバスに乗る感覚で飛行機に乗ってもらいたい』と言ってきた。今回は『国内線に乗る感覚で国際線に乗ってほしい』と言いたい」。

全日本空輸系の格安航空会社(LCC)、エアアジア・ジャパンの岩片和行社長は宣言した。エアアジアは10日、国際線に参入し、28日から成田-韓国・仁川(ソウル)線を運航すると発表した。価格は片道6980~2万9980円で、大手の運賃に比べ、半額から3分の1程度の水準となる。10日深夜からは、インターネット上で就航記念の特別運賃となる片道980円の航空券4000席も売り出したが、即日完売となった。

11月下旬には成田-釜山線も就航。さらに来年中には中国線も運航を開始する予定だ。

韓国、中国行きの国際線運航には、昨今の領土問題がマイナスに響くリスクも懸念される。この問題について、岩片社長は「国際線では国と国との政治的な問題の影響を受ける。日韓についても、今は困難な時期と言えるかもしれない。ただ、LCCは民間の人、学生などの旅行需要が多いので、(日本航空、全日本空輸などの)ネットワーク・キャリアよりも受ける影響は少ないのではないか」と見通しを語った。

もう一つ、今後の事業拡大の上で課題となるのが、拠点としている成田空港の使い勝手の悪さだ。岩片社長は10日の会見の席上でも、「成田で大幅に便を増やしていく上では、空港のコストが足かせになる。空港側のさらなる努力がないとムリだ」と苦言を呈した。

 

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
最強コスパで選ぶ保険

保険料というコスト、保障というパフォーマンス。2つのバランスを考えたコストパフォーマンス・ランキングでわかる最強の保険選び。注目の新商品から保険見直しの裏技まで紹介。