エクアドルの地震、少なくとも246人が死亡

マグニチュード7.8の巨大地震

 4月17日、エクアドルで16日に起きたマグニチュード(M)7.8の地震は、死者が少なくとも246人に達している。(2016年 ロイター/Guillermo Granja)

[パードナレス(エクアドル) 17日 ロイター] - エクアドルで16日に起きたマグニチュード(M)7.8の地震は、死者が少なくとも246人に達している。

現地では救助活動が進められているが、震源地近くの沿岸部で最も甚大な被害が出ており、観光リゾート地のパードナレスでは多くの家屋が倒壊している。

イタリア外遊中だったコレア大統領は急きょ帰国し、17日夜には国民向けの演説を行う予定。大統領はツイッターで、がれきの下の人々をまず救出することが第一だ、と語った。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
働く若者へ<br>ワークルールで身を守ろう!

「バイトのシフト入りを強要された」「残業代が適切に払われない」…職場で理不尽な目に遭うこともある。そこで役立つのは労働法=ワークルール。学んでおけば自分を守る武器となる。