産後5日で就活開始…「学生パパママ」の壮絶

カネも職もない!経験者5人が明かす奮闘記

現在、2人とも慶應義塾大学に在学中の柳下さん夫婦

終身雇用に新卒一括採用、女性は出産を機に退職……。そんな均一的な働き方はもはや崩壊しつつあり、私たちはより「多様な働き方・生き方」を選択できるようになりました。そんな現在、女性の平均初婚年齢は29歳、第一子出産平均年齢は30歳。この年齢は最もキャリアを拡げられる時期と重なるため、出産を躊躇するケースも少なくありません。

一方で、結婚や出産といったライフイベントを前倒しにして、学生中に「親になる」選択をし、その後キャリアを積むという生き方が注目を集めています。それが今回テーマ、「学生ママ・パパ」です。

子どもを授かる幸せをかみしめた一方で…

未就学児の1人当たり年間子育て費用総額は 104万3535 円(平成22年、内閣府政策統括官調べ)もかかるため、学生にとって経済的なハードルは高いでしょう。しかも、「学生中に出産なんて」という周囲の偏見を受けるケースもあり、決して生易しい道ではありません。

実は何を隠そう、私自身も大学在学中に出産をした1人です。当時は子どもを授かるという幸せを噛みしめた一方で、思うように就職活動ができなかったなど、さまざまな問題をダイレクトに経験しました。

今回は「学生中にパパ&ママになる生き方」を選んだ方々に集まっていただき、「親になる」選択をした経緯や当時の状況、就職活動など、実際に体験した苦悩や葛藤を赤裸々に語っていただきました。

次ページ覚悟はあったが、内心「大パニック」だった
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。