過去最多…外国人実習生はなぜ「失踪」する?

「名ばかり制度」のままでは深刻化の一途だ

外国人技能実習生の失踪者が増え続けている原因とは?(撮影:尾形文繁)

日本で失踪した外国人技能実習生の数が、2015年に5803人に上り、過去最多だった2014年(4847人)を大幅に上回ったことが、法務省の調べでわかった。

外国人技能実習制度は、日本の技術を学んでもらうことを目的に外国人を受け入れる制度で、1993年に導入された。農業や漁業など、71の職種が対象になっている。年間約17万人が働いているが、労働環境が劣悪だといった批判が根強くある。

実は10年以上前から問題視されている

当記事は弁護士ドットコムニュース(運営:弁護士ドットコム)の提供記事です

実習生の失踪は2012年は2005人だったが、2013年に3566人、2014年には4847人と、増加が続いている。

失踪者が増えている背景にはどんな理由が考えられるのだろうか。また、失踪を防ぐためには何が必要なのか。外国人技能実習生の問題に取り組む池田泰介弁護士に聞いた。

「実習生の失踪は10年以上前から問題視されています。主な理由は、受入企業の過酷な労働条件に耐えかねた失踪や、もっと高い給料を得るための失踪があげられます」

池田弁護士はこのように述べる。「もっと高い給料を得るため」とはどういうことだろうか。

次ページ最低賃金の水準を割り込むケースも
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
働く若者へ<br>ワークルールで身を守ろう!

「バイトのシフト入りを強要された」「残業代が適切に払われない」…職場で理不尽な目に遭うこともある。そこで役立つのは労働法=ワークルール。学んでおけば自分を守る武器となる。