新幹線開業初日、「変わる北海道」の姿を見た

「道民の悲願」達成も、将来像はまだ見えず

開業日の新函館北斗駅

3月26日、北海道新幹線・新青森-新函館北斗間(148.8km)が開業した。新幹線ネットワークが津軽海峡を越え、九州南端から北海道までが鉄路でつながった。現地では「道民の悲願が実現した」「早く札幌延伸を」と喜びの声が上がり、道南の新函館北斗駅や木古内は旅行者と住民でごった返していた。

もちろん、時間短縮効果が小さい、運行本数が少ない、駅前の開発が進まない、事前の予約も低調…と、多くの課題を抱えた中での開業であり、真価が問われるのはこれからだ。開業当日、道南を駆け足で回りながら、あらためて現状と課題を考えた。

3月26日午前6時32分、青函トンネルをくぐる一番列車「はやて91号」が新青森駅を発車した。未明に積もった雪を、朝日が雲間から照らす中、筆者は地元ラジオ局の生中継に立ち合った。記念式典の様子を遠巻きに眺めながら、しばし感慨にふけった。2002年12月の東北新幹線・八戸開業、2010年12月の新青森開業も、ホームで取材した。式典はともに東京へ向かう上り列車に合わせての実施だった。

出発式は「北への一番列車」で

しかし、今回は「北へ向かう列車」に合わせての式典となり、JR東日本の清野智取締役会長らが下り列車の出発を見送った。本州北端で、交通地図が塗り変わる瞬間を目撃した思いだった。ただ、「はやて91号」の車両は東北新幹線で使用されてきた「E5系」で、車体を横切るラインはピンク色だった。

画像を拡大
新青森駅に到着したH5系「はやぶさ」のエンブレム

午前7時41分、北海道側からの一番列車「はやぶさ10号」がホームに滑り込んできた。乗客の一部は、新青森で下車し、住民や観光関係者、自治体職員らの歓待を受けた。この列車はJR北海道が投入した「H5系」4編成のうちの一つで、ラベンダー色のラインが車体を彩っていた。いわば「名実ともに本物の北海道新幹線」だ。

1分後、「はやぶさ10号」は「青森ねぶた」の囃子のメロディーに送られて、ざわめくホームを後にした。

次ページ同じ速さでも安定感は別格
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。