トランプ氏、「日韓は独自で核兵器保有を」

核保有容認を示唆、NATOに対して痛烈批判

 3月27日、米大統領選の共和党候補指名争いでトップを走る不動産王ドナルド・トランプ氏(写真)は、日本と韓国が独自で核兵器を製造することを容認する可能性を示した。21日撮影(2016年 ロイター/Joshua Roberts)

[ワシントン 28日 ロイター] - 米大統領選の共和党候補指名争いでトップを走る不動産王ドナルド・トランプ氏は27日、日本と韓国について、北朝鮮や中国から自国を防衛するために、米国に依存するのではなく独自で核兵器を製造することを容認する可能性を示した。

ニューヨーク・タイムズ紙のインタビューで述べた。

トランプ氏は、日韓両国が米国に対する費用負担を増やさない限り、米軍を引き揚げる意向も示した。日本には約5万人、韓国には約2万8500人の米軍が駐留している。

これに対し菅義偉官房長官は28日の会見で、非核三原則には何の変更もないとし、誰が米国の次期大統領に就任しても日米同盟は日本の外交の基軸であり、地域や世界の安定にとって不可欠だと述べた。

一方、韓国は、在韓米軍は対北朝鮮の防衛における両国の同盟に前向きな貢献を続けており、相互防衛条約へのコミットメントに変わりはないとした。

中国外務省の洪磊報道官は、トランプ氏による日韓の核兵器製造の容認発言について聞かれ、あくまで「仮定の話」だと述べた。

またトランプ氏はABCの番組「This Week withGeorge Stephanopoulos」に対し、北大西洋条約機構(NATO)は時代遅れ」であり見直しが必要だと指摘。NATO設立当時の主な脅威はソビエト連邦で、テロリズムとの戦いに適さず、米国の負担が大きすぎるとの考えを示した。

同氏は21日、米国はNATOへの資金負担を縮小すべきとの見解を示していた。

一方、共和党候補指名獲得を目指すテッド・クルーズ上院議員はフォックス・ニュースに対し、トランプ氏のNATOに対する見解を「恐ろしいほど愚かだ」と批判。「現代で最も大きな成功を収めている軍事同盟から撤退することは全く意味をなさない」と述べた。

オバマ米大統領は31日から2日間の日程で核安全保障サミットを主催する。

*内容を追加しました。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。