東京メトロに新駅「センター中央」が誕生!?

起きうるすべてを再現できる「訓練センター」

駅名標には「センター中央」と書かれている

東京メトロに「センター中央」「センター西」という新たな駅が誕生か。駅名標や列車の行き先表示には確かにそのように書かれている。

しかし、これは本物の駅ではない。答えは、東京メトロが新木場駅近くに新たに設置した4月1日開設予定の「総合研修訓練センター」の設備のひとつである。3月24日に公開された。

この訓練センターは新たに設置した施設に加えて、これまで各所に点在していた各部門の研修施設を統合したもので、「メトロで起きうるすべてのことはここで起こせる」をテーマに駅、軌道、トンネル、橋梁、架線、電気設備、指令所などメトロの業務のすべてをこの施設に集約した。

本物そっくりの駅構内や設備…

画像を拡大
列車の行き先は「センター西」

センター設立のために投じられたコストは200億円。うち80億円は建屋建設に伴うもの。81億円が訓練設備の費用だ。「投資額のかなりの部分を訓練設備に投じた」と、東京メトロの堂免敬一・研修センター所長は胸を張る。

建物の1階には本物そっくりの駅構内が広がっている。改札外には券売機があり、自動改札機もある。改札をくぐり抜け階段を降りると、そこはホーム。駅名は前述のとおり「センター中央」だ。リアルに再現されたホームを見ていると、本物のメトロの施設にいるかのような錯覚をしてしまうほどだ。

訓練線の列車に乗って到着した駅は「センター西」駅。ここでトンネル内のレールやコンクリートの破損、ボルトのゆるみなど、さまざまな弱点箇所について、実物を見ながら確認できる。

次ページシミュレーターで運転技術が学べる
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。