ラブホテルの最前線は、どうなっているのか

日本独自の「愛の拠点」に海外からも熱視線

昭和遺産? それともコンテンポラリー・モダン?
外国人観光客からも注目度が高いという日本ならではの個性的な、LOVE&SEXの拠点であるラブホテル。文化遺産的な価値をもつ老舗から、ビジネス使いも可能な最新施設まで注目すべきラブホテル6軒を公開する。

一度は試したいレトロなラブホ

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

バブル時代に贅沢の限りを尽くしてつくられた昭和のラブホテルは、外国人観光客たちの人気スポットだ。ホテルオーナーの煩悩や性的妄想がそのままカタチとなった、巨額を費やした豪華絢爛なインテリアは、もはや再現するのが困難。まさに消え行くアートである。映画のロケ地として使用されることも多い。

「昭和なラブホテルを文化遺産として残したい」と語るのは『ラブホテル・コレクション』の著者であり、映画監督の村上賢司氏だ。

「たとえば千葉県『ホテルブルージュ』は総工費36億円の物件です。イタリア直輸入の家具など、高級品が惜しみなく使われています。しかし部屋に入った瞬間、爆笑してしまうはず。“あそこ面白いらしいよ”という理由で男性たちが女性をラブホテルに誘う際のフックになりますからね。バカバカしくもおもしろい“昭和なラブホ”は、巨額を費やして採算度外視でお客さんを愉しませようとする、そのパワーが魅力なのかもしれません。バブルを知らない世代でも、当時の雰囲気を体感できますから」

そんな昭和なラブホテルも、しかし、激減中である。

次ページ映画監督がおすすめする昭和遺産篇
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
労基署監督官の告発<br>過重労働がはびこる真因

電通で起きた新入社員の過労自殺事件をきっかけに、働き方への関心が高まっている。労働行政の現場に立つ労働基準監督官3人が匿名で語る「過重労働大国ニッポンをどう変えるか」。