「チームでアプリを作る」と起こる良いこと

サンフランシスコ在住の日本人が開発

ディレクションとデザインを手がけた川島高氏(左)と、コードを担当した丹羽善将氏(右)

2016年2月、サンフランシスコで働く2人の日本人が中心になって作り上げた「Phami.ly」(ファミリー)というアプリがリリースされた。

彼らは、勤めている企業に関係なく、個人のプロジェクトとしてチームを作り、アプリのリリースにたどり着いた。作った理由は、海外で暮らしている日本人が、家族のプライベートな写真を、日本で過ごす親に簡単に送りたい、という思い。そして、サンフランシスコ、シリコンバレーで働く若者ならではの事情があった。

自分の親のために作ったアプリ

アプリ開発の中心となったのは、サンフランシスコのテクノロジー企業で働くでインタラクティブデザイナーとして働く川島高氏と、エンジニアの丹羽善将氏だ。アプリを完成させた丹羽氏は、「生い立ちには長い歳月がかかった」と振り返る。

「このアプリを考えたのは、2011年ごろ。ちょうど当時は、iPadが登場して、Instagramが出てきて、『タブレットと写真』というテーマが見えてきたころでした。写真共有をプライベートに使いたい、と考えたのがきっかけです」(川島氏)

「当時ほとんどの写真共有アプリは、大人数で、あるいは友人と、そしてソーシャルに共有することを目的としていました。しかし家族に対しては、コメントなどのリアクションを集める行為は不用です。普段ビデオ電話をするタブレットをフォトフレームとして楽しめるサービスを目指しました」(丹羽氏)

次ページアプリ作成のきっかけは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。