3月期決算「進捗率が高い会社」ランキング

進捗率100%超が57社も!

写真右上はスクロールの物流倉庫(撮影:大澤誠)、右下は「モスクラシック 千駄ヶ谷店」外観イメージ、左下はソニーの平井一夫社長(撮影:尾形文繁)

昨年末以降、円高の進行、中国景気の減速やアイフォーンの販売不振など悪材料が噴出している。

パナソニックや住友商事、日立製作所、富士通、新日鉄住金、NECなど、日本を代表する企業も相次いで2015年度の通期業績予想を下方修正。日経平均株価も一時は1万5000円を割り込み、異次元緩和第2弾が発表された14年10月以前の水準まで押し戻された。

そこで今回は、3月期決算企業を対象に、通期の営業利益計画に対して第3四半期進捗率が高い順にランキングを作成した。「季節要因」で上位にランクインした銘柄もあるので個別に見ていく。

トップのタカラトミーは、第3四半期時点までの累計営業利益は前年同期比5割増と好調だったが、2月に通期業績の下方修正を発表。第4四半期の欧米での販売不振が業績を押し下げ、通期営業利益は5%増にとどまりそうだ。

食品や外食が上位に

一方、業績の上振れが期待できそうなのが、カタログ通販の準大手で、ネット販売も手掛ける2位のスクロール。プライベートブランド化粧品が海外で好 調で、会社側は1月に通期の営業利益予想を6.5億円から12億円に上方修正した。これでも会社は広告宣伝費など費用増を保守的に見積もっており、修正後 の計画からさらに上振れる可能性もある。

このほかランキングの上位で目立つのは、食品や外食など内需系の銘柄だ。3位は関西地盤のハム・ソーセージ大手、丸大食品。原料高は値上げで転嫁し、コンビニ向けの総菜が想定以上に貢献している。

次ページ10位の会社は?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • Facebook-
Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
丸井「大人宣言」の成算

ヤングファッションで一時代を築いた丸井グループ。百貨店からショッピングセンターに業態転換を図る。「花の1階」で食品を売る、衣料品を5割から3割へ…。その成否はいかに?

  • 新刊
  • ランキング