独自集計!日本の「ありがち社名」トップ1000

人気1位の社名の会社は全国に1051社もある

あなたがお勤めの会社もランクインしているかも?(写真:xiangtao / PIXTA)

アシスト、ライズ、アドバンス、サンライズ――。これは日本で登記されている会社に多い社名だ。

政府の統計によると、日本には規模の大小を合わせて約410万の企業(法人)がある。その法人登記にまつわる「法人番号データ」を国税庁が昨年秋から一般に公開している。毎日メンテナンスされており、誰でもダウンロードが可能だが、膨大な件数のため、なかなか一般的には集計・加工が難しい。

東洋経済は『会社四季報』に収載される約3600社の上場企業のさまざまな財務をはじめとする各種情報、業績予想などのほか、海外進出企業や有力な未上場企業、大型小売店・スーパー、地方自治体、大学などのデータを日々集計・加工・販売し、「東洋経済データベースサービス」として展開している。

「法人番号データ」を東洋経済が独自に集計

その東洋経済のデータノウハウを生かして、法人番号データから日本で多く登記されている社名を独自に集計、上位1000のランキングを作成した。データは2月中旬時点のものだ。

株式会社、有限会社などを含めて集計したところ、日本で最も多いのは「アシスト」という社名だということがわかった。日本にアシストという会社は1051社もある。2位はライズ(965社)、3位アドバンス(899社)、4位サンライズ(846社)、5位トラスト(790社)などと続く。これらは社名に一部含まれているということではなく、そのものの社名だ。

上位はカタカナのみの社名が多く、漢字で最も多いのは19位の大和(486社)。「だいわ」「やまと」などと読み仮名はバラバラかもしれない。ほかには、26位の三和(419社)も目に付いた。ひらがなのみの社名だと25位のひまわり(427社)が最多で、27位さくら(414社)よりも多い。

いわゆる人の名字が付く社名で最多は53位の鈴木商店(325社)。田中、高橋、佐藤、伊藤、加藤、中村、山本、吉田などといったポピュラーな名字に商店、建設、工業、産業などを組み合わせた社名が多い。

上位にみられるカタカナのキーワードは日本人にとって親しみやすいのだろう。こうしたポピュラーなワードが一部に使われている社名もよく見かける。1位のアシストと2位のライズを組み合わせた「アシストライズ」という会社はあるのかと思って、ネット検索してみたらやはり存在した。

こうした日本に登記が多い社名の会社同士で一緒に仕事をしたり、競合したりすることも場合によってあるのかもしれない。同じ会社の企業が不祥事を起こしたり、破綻したりしたら間違われることもあるのかもしれない――などとこのランキングを眺めると、さまざまな妄想ができる。

次ページまずはトップ100!
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • Facebook-

『週刊東洋経済』月額プラン新登場。今なら、1カ月無料。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
ソフトバンク 次期トップ退任で激震

円満?衝突?孫正義社長が後継者候補と公言していたニケシュ・アローラ氏が電撃退任。相思相愛に見えた二人になぜ亀裂が走ったのか。孫社長の「心変わり」までの22カ月をリポート。

  • 新刊
  • ランキング