ブルームバーグ氏、大統領選への出馬見送り

当選の見込みがないことは明らかなため

 3月7日、ブルームバーグ前ニューヨーク市長は、11月の米大統領選には出馬しないと表明した。パリで昨年12月に開催されたCOP21で撮影(2016年 ロイター/Stephane Mahe)

[ワシントン 7日 ロイター] - ブルームバーグ前ニューヨーク市長は7日、11月の米大統領選には出馬しないと表明した。当選の見込みがないことは明らかだとしている。

ブルームバーグ氏はNY市長時代、ビジネス寄りの財政政策を推進。銃規制やその他社会問題ではリベラルな見方をしていることから、極端な主張を掲げる候補者が優勢な今回の大統領選において、同氏が出馬した場合には、中道派の支持を集めるとみられていた。

ただブルームバーグ氏は、三つ巴の争いになった場合、共和党のドナルド・トランプ氏、またはテッド・クルーズ氏が当選する可能性が高まることを懸念。ブルームバーグ氏は、オピニオンサイトの「ブルームバーグ・ビュー」で「こうしたリスクは冒したくない」と説明した。

ブルームバーグ氏は、共和・民主両党の候補者らを厳しく批判。

共和党候補指名争いで現在トップを走る不動産王トランプ氏については、宗教的寛容を損ね、安全保障に脅威を及ぼす政策を支持している指摘。ブルームバーグ氏は「トランプ氏は人々の差別意識や恐怖感に訴え、国を分断する扇動(せんどう)的な選挙戦を展開している」とした。

民主党のヒラリー・クリントン前国務長官と、バーニー・サンダース氏についても、自由貿易や金融業界に批判的だとして攻撃した。

英フィナンシャル・タイムズ(FT)紙の先月の報道によると、ブルームバーグ氏は、既存候補者による論戦の内容について「まったく凡庸」と批判。同氏が大統領選への出馬を検討していると伝えていた。

*内容を追加しました。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。