西荻窪には、どうして「スタバ」がないのか?

住みたい街の吉祥寺とは違う「隣駅の魅力」

JR中央線、西荻窪駅北口。住人はみな西荻窪のことを「西荻」と略して呼ぶ

住みたい街No.1と言われる吉祥寺…の隣に位置する西荻窪。昔ながらの個人経営の商店が多く、落ち着いた昭和の香りのする大人の街、というのが私の認識だ。

友達や知り合いも多く住んでいるこの街に、私も8年ほど住んでいる。その間に駅前のマクドナルドが24時間営業になったり、新しくカフェができたり、若者の姿も増え、西荻住人の平均年齢が下がってきている感じはする。

しかし、いつまでたってもこの街にはスターバックス(以下「スタバ」と省略)ができない。

隣の駅には5軒もあるのに・・・

この連載の過去記事はこちら

西荻窪は荻窪と吉祥寺の間に位置する。スタバは東隣の荻窪は1軒、西隣の吉祥寺には5軒もある。私の家は西荻窪だが吉祥寺寄りにあるので、普段は吉祥寺のスタバを使っている。しかし5軒ともいつも混んでいて、座れないことも多い。

歩いて行ける距離の隣駅がこんな状況なら、西荻窪にスタバができたとしても、繁盛するのではないだろうか。

西荻窪駅にスタバができないのはなぜなのか?

次ページスタバに理由を聞いてみた
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。