米キャスター、ヌード動画流出の辛さを証言

ストーカーが盗撮した裸の動画がネットに

 2月29日、米スポーツキャスターのエリン・アンドリュースさんは29日、テネシー州の裁判所で証言に立ち、ストーカーが盗撮した裸の動画がネットに投稿されたと知ったときのショックと屈辱感を涙ながらに語った。写真はロイターテレビから(2016年 ロイター)

[ナッシュビル(米テネシー州) 29日 ロイター] - 米スポーツキャスターのエリン・アンドリュースさんは29日、テネシー州の裁判所で証言に立ち、ストーカーが盗撮した裸の動画がネットに投稿されたと知ったときのショックと屈辱感を涙ながらに語った。

スポーツ専門チャンネルESPNから現在はFOXスポーツに移った人気キャスターのアンドリュースさんは、2008年の盗撮事件について、同州ナッシュビルのマリオットホテルを相手取り、7500万ドル(約84億円)を請求する訴えを起こしている。

当時、バンダービルト大学でサッカーの試合を取材するため、学内の同ホテルに滞在していたが、隣室の宿泊客の男がのぞき穴を開けて、アンドリュースさんの着替えをビデオ撮影したという。

2009年に動画がネットに流出。その直後は抑うつ状態となり、涙が止まらず、不眠が続いたという。自作自演の売名行為だという噂まで流れたと証言した。

アンドリュースさんは、ホテルの元従業員が彼女の部屋番号を教えたことが事件の引き金だとし、「非常に腹立たしい。防ぐことはできた」と主張。男が隣室をリクエストしたと知っていれば、警察を呼んでいたと述べ、知らせなかったのはホテル側の落ち度だとした。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
働く若者へ<br>ワークルールで身を守ろう!

「バイトのシフト入りを強要された」「残業代が適切に払われない」…職場で理不尽な目に遭うこともある。そこで役立つのは労働法=ワークルール。学んでおけば自分を守る武器となる。