頻発するネット情報流出、あなたは大丈夫?

2014年は臨界点を超えた年だった

「ザ・インタビュー」(写真:ロイター/アフロ)

インターネットがビジネスで活用されるようになって以来、コンピュータシステムを通じたセキュリティリスクの増大は、言うまでもなくつねに大きな問題となってきた。しかし2014年を振り返ると、そのリスク増大がひとつの臨界点に達しようとしているようにもみえる。そう思える大きな事件が多かった。

これまで、ネットセキュリティとは無縁だと思っていたり、企業セキュリティは専門部署に任せていればよいと考えていたビジネスパースンもいるかもしれないが、その脅威は社会構造や日常生活と深く関わるものになっている。

2014年を終えるにあたって、代表的なネットセキュリティ事件を振り返ってみることにしよう。

世界中を震撼させたソニーへのサイバー犯罪

現在進行形で危機が続いているのが、米ソニー・ピクチャーズエンタテインメントへのサイバー攻撃である。連日報道されているためご存知の方も多いと思うが、ソニー・ピクチャーズの親会社が日本企業であるにも関わらず、日本での報道はあまり熱をおびていない。

しかしながら、北米での注目度は実に高く、その規模から言っても今年いちばんのセキュリティ関連ニュースであることは間違いない。

この事件は、セキュリティが高いはずの企業システムに対しても(難易度の高い、低いはあるにせよ)侵入可能であることを、あらためて思い知らせた。FBIの言及により、北朝鮮からの国家組織による攻撃との見方が強まっているが、言い換えれば、“その気になれば”いつでも企業を脅迫できる社会とも言えるわけで、その影響は計り知れない。

ソニー・ピクチャーズがどこまでの情報を盗まれたのか、その全貌は明らかになっていないが、制作途中の映像データからメールデータベース、文書ライブラリなど広範なデータが流出しており、特定のサーバだけがハッキングされているわけではない。犯人グループによると、100テラバイトもののデータを持ち出して分析しているとのことで、ソニー・ピクチャーズのシステム全体に自由に出入りできた可能性が高そうだ。

次ページどこまで情報を盗まれたのか?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。