情報化社会で真の知識人は「コミュ障」の人間

角川歴彦×川上量生対談(1)

2013年10月10日、株式会社KADOKAWAは新たな選書レーベル「角川EPUB選書」を創刊する。第1回のラインナップの中から、自身初の単著となる『ルールを変える思考法』を上梓する株式会社ドワンゴ代表取締役会長・川上量生氏、『グーグル、アップルに負けない著作権法』を上梓する株式会社KADOKAWA取締役会長・角川歴彦氏のお2人に登場していただき、グーグルやアップル、アマゾンに対抗して、日本のコンテンツ産業が生き残っていくための方法について、思う存分語り合っていただいた。
1回目のテーマは、EPUB選書を立ち上げた経緯と、去る10月1日に連結子会社9社を吸収合併して新体制に移行した新生KADOKAWAについて、である。

――来る10月10日に「角川EPUB選書」がスタートします。第1弾は4冊刊行されますが、お2人の著書もラインナップされています。そのあたりの経緯からうかがいます。

角川:「EPUB選書」って引っかかる言葉でしょ? 普通ならもっとおだやかで平和的な言葉を選んでシリーズ名をつけるんだけど、あえて「EPUB選書」としたのは、新しい時代にふさわしい名前にしたかったから(EPUBは電子書籍フォーマットの世界標準。EPUB3.0から縦組み表示に対応した)。紙の書籍と電子書籍を同時に刊行していきます。

ツイッターやフェイスブックなどのソーシャルメディアが普及して、「ソーシャル時代」がやってきた。では、その前は何だったかと言うと、「知識社会」だったと思うんですよね。

知識社会は知識人、オピニオンリーダーの存在が前提でした。たとえば、マスメディアの論説委員や学者、評論家といった人たちが日本の社会を引っ張っていた。だから、事件が起きると、「この事件についてどう思いますか?」と聞きに行く。彼らがその事件の特異性を浮き彫りにして、みんなもそうだと思ったら納得する。これが知識社会です。ということは、20世紀は知識に重きが置かれていて、情報社会ではなかったわけです。

「知」というものがあるとしたら、「知識」と「情報」だと僕は思っています。知識というのは固定されているのです。みなさん新聞は情報だと思っているけれども、新聞用紙に書かれたとたんに知識なのです。情報は無体物。つねに流れているのが情報です。

たとえば、こうやって話しているときは、まだこれは情報なのです。でも、これをウェブサイトに掲載して「角川がこう言った」と載せた時点で、それはもう知識になる。そこには、まとめた人の解釈が必ず入っている。

次ページ知識人がコミュ障の時代の“知”
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。