トヨタ、来期の増益は「米国市場」次第

円安メリットなく販売台数も横ばいどまり

国内自動車メーカーは来期、米国依存の収益構造というリスクが問われる(写真は1月29日のトヨタ、ダイハツの提携会見。撮影:尾形文繁)

第3コーナーまで快調なペースで走っきたが、ゴールを目前に雨雲が迫ってきた──。

国内自動車メーカーが発表した、2015年度第3四半期累計(4~12月期)決算。トヨタ自動車や日産自動車、スズキ、富士重工業はいずれも最高益を更新した。他社もおおむね悪くない。

国内や東南アジアは市場が低迷しているが、トヨタや日産、富士重はドル箱の米国で、米国から撤退したスズキはインドで、それぞれ販売台数を伸ばした。前年より円安だったのも利益を押し上げた。

1ドル110円でも今期は乗り切れる 

2月に一時、1ドル110円をつけるなど円高が進み、事業環境は急変している。とはいえ今期に関していえば、円安修正の影響は限られよう。通期予想では、第3四半期から減速するものの、多くは増益を見込む。各社とも今期の想定為替レートはほぼ120円。一見楽観的に思えるが、第3四半期までは121~122円で推移し、残る第4四半期が115円なら、ほぼ想定内だからだ。

「(1~3月が)113円を切る状況でも、計画の達成は可能」と、日産の田川丈二常務は自信を示す。トヨタでは、グループ会社の愛知製鋼における工場でのガス爆発事故を受けて、エンジンや変速機に使う特殊鋼が不足。2月の第2週、国内生産停止を余儀なくされた。それでも利益は大きく落ち込まない。

逆風が吹くのは来期。左右するのは為替と販売台数だ。

年間で見ると、対米ドルで1円の変動に対する営業利益増減額、いわゆる為替感応度は、トヨタで400億円。日産やホンダでも110億円と決して小さくない。ユーロや他通貨との比較でも円高傾向にあり、現状115円前後の水準が年間で続けば、利益には10%前後のマイナスインパクトになる。仮に1ドル100円になれば大幅減益は不可避だろう。もっとも為替だけなら、各社が軒並み赤字転落する、最悪の事態までには至らない。

次ページ国内と東南アジアは弱い
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • Facebook-

『週刊東洋経済』月額プラン新登場。今なら、1カ月無料。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
イレブンカット 「時短美容室」の秘密

関東と関西を中心に183店舗を展開する美容室「11cut(イレブンカット)」。11分で1500円の手軽さが最大の売り。鮮魚店出身の社長が率いる美容業界の新星は独自手法で急成長中だ。

  • 新刊
  • ランキング