トルコ首都で自動車爆弾爆発、28人死亡・61人負傷

夕方のラッシュアワーに自動車爆弾が爆発

2月17日、トルコの首都アンカラで自動車爆弾が爆発し、28人が死亡、61人が負傷した。写真は現場に向かう救急車両(2016年 ロイター/UMIT BEKTAS)

[アンカラ 17日 ロイター] - トルコの首都アンカラで17日、自動車爆弾が爆発し、28人が死亡、61人が負傷した。副首相および政府報道官が明らかにした。

爆発が起きたのは、夕方のラッシュアワーと重なる現地時間の午後6時半(日本時間18日午前1時半)過ぎ。現場は軍司令部や議会、官公庁が集まる地区で、爆発は停められていた軍用バスのそばで発生した。

犯行声明は出されていない。

首相府の高官によると、ダウトオール首相は同日ブリュッセルに向かう予定だったが、急きょ出発を見合わせた。エルドアン大統領も、アゼルバイジャンへの訪問を延期した。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。