化学兵器の完全撤廃には何が必要なのか

シリア政府だけでなくISにも使わせるな

シリアの化学兵器については、国際社会の取り組みが成果を生んできていた。(写真: ロイター/Muzaffar Salman)

原文はこちら

国際社会がいまだにシリア内戦を終結に導けないのは残念だ。同国ではマスタードガスや塩素爆弾といった化学兵器が民間人に対して使用されているとの報告が、依然として後を絶たない。

ここが正念場だ。これらの攻撃をしかけた者を特定し、法によって裁かねばならない。化学兵器の使用に何の罰も下されなければ、毒ガスや神経ガスがテロに使われる可能性が高まってしまう。

シリアでは着々と成果

実はシリアの化学兵器については、国際社会の取り組みが着々と成果を生んできた。きっかけは2013年夏だった。シリアの首都ダマスカス近郊で、猛毒のサリンガスを搭載した政府軍による複数のロケットが、反政府派が支配するグータ地区を急襲。当時、女性や子供を含む1000人以上の民間人が死亡したのだ。その悲惨な映像に多くの人が心を痛め、国際社会による化学兵器撤廃の機運が高まった。

圧力を受けたシリアは同年10月、化学兵器禁止条約に加盟。2014年春には、化学兵器禁止機関(OPCW)調査団がシリア北部の複数の村で、塩素ガスとみられる有害物質が武器として使用されたことを示す証拠を得た。そして15年夏、国際連合はOPCWと合同調査チームを結成。シリアにおける化学兵器および生産施設の全廃が、その合同チームに託されたのだ。

まだ確認作業は続いているものの、合同チームによりマスタードガスや猛毒神経ガスなどの有害物質を含む化学兵器約1300トンが、すでに取り除かれたとされる。国家間紛争で有毒ガスや神経ガスが使用されるおそれはほぼなくなった。

次ページ非国家の過激派に渡すな
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • Facebook-

『週刊東洋経済』月額プラン新登場。今なら、1カ月無料。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
市庁舎 倒壊危機

全国の3割弱の市庁舎が震度6強以上で倒壊する危険がある。財源が乏しく、教育施設の耐震化を優先で進めているためだ。災害時の防災拠点となる市庁舎。今、何をすべきかを問う。

  • 新刊
  • ランキング