「黒い顔」が電車の定番デザインになったワケ

30年以上続く「ブラックマスク」の歴史

「ブラックマスク」の元祖である201系電車。大阪環状線用の車両はオレンジ色で、中央線に登場した当時を思わせる

JR九州などにおける水戸岡鋭治氏や、JR東日本の車両などを手掛けるGKインダストリアルデザイン研究所の活躍などもあって、鉄道のデザインにも注目が集まるようになっている。その一方で鉄道車両の世界に限って言えば、デザイナーが誰かという以前に、もっと普遍的に、長年変わらず採り入れられている飽きの来ないデザインもある。

運転台窓の周囲を黒くする、通称「ブラックマスク」は、1979年に完成した国鉄の201系電車を草分けとし、現在に至るまで、通勤型電車を中心に採用され続けている。大都市圏であろうと地方路線であろうと、今や全国津々浦々で見かけると言ってもよい。

そこまで普及し、おなじみとなったのはなぜであろうか。JR西日本に残る201系の引退が間近に迫ってきているのを機に、考えてみたい。

「上半分が黒」のインパクト

画像を拡大
えちごトキめき鉄道のET122形ディーゼルカー。ローカル鉄道用の新型車両であっても、もはやブラックマスクはスタンダード

回生ブレーキを採用し、減速時に発生させた電力を架線へ戻すことができる「省エネ電車」として喧伝された201系の試作車は、中央線快速向けとして1979年1月に三鷹電車区(当時)に配置。一般利用者の前に姿を現した。

その頃の日本は、第一次オイルショックを経験して大量消費時代が終わっており、節約こそが美徳という世相。同じ1979年には原油価格の高騰(第二次オイルショック)も起こったが、第一次の時ほどには経済の混乱がなかったのも、そのためだった。

201系の登場時も、国鉄は電力消費量の相対的な少なさをアピールした。だが、世の注目を集めたのは、目に見えない省エネシステムよりも、上半分を大胆に黒くした前面の方だったかもしれない。中央線快速のラインカラーであるオレンジ色(101系、103系)は踏襲したためそちらは見慣れているとしても、「顔が黒い電車」を見たのは初めてだったであろうからだ。

次ページ小さい窓も大きく見える?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • Facebook-
Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
イレブンカット 「時短美容室」の秘密

関東と関西を中心に183店舗を展開する美容室「11cut(イレブンカット)」。11分で1500円の手軽さが最大の売り。鮮魚店出身の社長が率いる美容業界の新星は独自手法で急成長中だ。

  • 新刊
  • ランキング