山手線新車両で「広告の一等地」はどうなる?

アナタが知らない、車内広告市場の最前線

11月30日に営業運転を始める、山手線の新型車両E235系(撮影:風間仁一郎)

中吊り広告がなくなる――。そんな噂で話題になったあの車両が11月30日、いよいよ営業運転を始める。山手線の新型車両E235系である。

「外観や広告が話題になっているが、実はこっちが目玉」とJR東日本の深澤祐二副社長が強調するのは、走りながら線路や架線の状態をチェックできる点。とはいえ、利用者はどうしても車内の変化に目が向いてしまう。車内広告に関心が集まるのは、仕方のないところだ。

利用者の多い山手線は、JRの中で最も広告価値が高い路線である。全国的に見れば、中吊りなどの車内広告は近年伸び悩んでいるが、山手線だけは出稿希望が引きも切らない。

一方で、車内や駅構内のデジタルサイネージ(電子広告)も年々伸びている。だとしたら、山手線の車内広告をデジタル化し、さらに付加価値を高めたいと考えるのは当然の流れだ。

「中吊り広告廃止」が独り歩き

E235系では、至るところにデジタルサイネージが採用されている(撮影:風間仁一郎)

E235系の当初のコンセプトは、車内の至るところに液晶画面を設置し、広告はデジタルサイネージ化するというものだった。今年3月に初公開された車両にも、中吊り広告はなかった。

このとき「中吊りを残すか、完全にやめるかは、乗客や広告関係者の意見も聞きながら決めたい」とJR東日本は説明していた。「中吊り広告が廃止される」という報道だけが独り歩きしていたわけだ。

次ページ広告料金はどうなっているのか
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • Facebook-
Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
電子部品の大転換 僕らの「クルマ」論

スマートフォンは電子部品業界躍進の立役者。そのスマホの需要が鈍化し始めた。次の成長源は自動車。京セラ、TDK、アルプス電気、3社の社長が描く自動車シフト戦略を探る。

  • 新刊
  • ランキング