折り紙を応用!新型テントは難民を救えるか

寝袋やテントにもなるコートを学生が開発

写真をクリックすると動画サイト(英文)にジャンプします

英国の学生チームが、ジャケット、寝袋、テントの三役をこなす衣服を考案した。欧州にたどり着いたものの、当面は野宿を強いられることの多い難民に、この『着用可能シェルター』を配布したい考えだ。

折り紙から着想を得たこのパーカー風のコートは、いったん広げて折り畳むと寝袋になる。さらに、軽量ポールを差し込むと、大人1人と子ども2人が中に入れるテントにもなる。

「携行できる家」をイメージ

ロンドンにある美術大学ロイヤル・カレッジ・オブ・アートのインテリアデザイン&建築コースでシニアチューターを務めるハリエット・ハリス博士は以下のように語る。「難民の多くが欧州到着からセンターにたどり着くまで要する約3週間に、彼らがシェルターとしても使える衣服を考案するよう、学生に指示した。確実に使い続けられる安価な素材を基に、ごく短期間で簡単に大量生産して、複数の機関を通じて迅速に配布できるものを作ろうと考えた」

デザインコースの学生、アン・ソフィー・ジェさんは「第一に考えたのは、どうすれば家をほぼ丸ごと携行できるか? ということだった」と振り返る。

『着用可能シェルター』の素材に使われているのは、高密度ポリエチレン不織布のタイベックだ。強度が高くて裂けにくい一方、通気性がある。体温の維持に役立つように、マイラーという断熱材を採用。内側の防水ポケットも、持ち物や衣類を収めるのに十分なサイズになっている。

この試作品は依然として改良が重ねられている状態だが、初夏に最終デザインの実地試験が行われる予定だ。学生チームは量産化に向けてキックスターターを通じた資金調達に取り組んでおり、次の冬までに難民に配布する準備を整えたい考えだ。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。