欧州の「無関心」と「誤解」が、難民を苦しめる

すべての移民を一括りにするのは乱暴だ

欧州を目指してはみたものの…(写真:nito / PIXTA)

欧州での移民論争が、気がかりな展開を見せている。法の根幹をなしている「移住者」の分類をあいまいにする考え方が出てきたためだ。経済的な移住と政治的な移住、すなわち貧困から逃れようとしている人々と、戦争によって母国を追い出された人々とがごちゃ混ぜになっているのだ。

経済的な移住者とは異なり、抑圧やテロ、大虐殺から逃れてきた人々から亡命の権利を奪うことはできず、国際社会も避難の場所を提供する無条件の義務を負っている。

 こうした区別を理解していても、騙されやすい人々が信じてしまいかねない「通説」がある。エーゲ海や地中海の島々に打ち上げられそうなおんぼろ船に乗り込むため数千ドルを支払った男女や子どもは経済的な移住者に当たるとの説だ。

8割は圧政からの脱出者

しかし現実的には、こうした人々の80%が、シリアやエリトリア、アフガニスタンといった国々から圧政やテロ、宗教的な過激主義を逃れてきた難民である。

こうした背景もあって国際法は、亡命を認定する審理を一括にではなく、一件ずつ個別に行うよう求めている。だが、この点をクリアしても、さらなる誤解にぶち当たる。

たとえば、ロシアのラブロフ外相のように、こうした難民を生み出す紛争が猛威を振るっているのは、西側諸国の爆撃を受けたアラブ諸国だけだと主張する人々がいる。だが、多くの難民を生み出している国の一つであるエリトリアに対し、西側諸国は爆撃を行っていない。

次ページ難民の映像が与える有害なイメージ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。