原油安が環境政策に与える「負のインパクト」

米国では燃費の悪いトラックやSUVが人気

ガソリンスタンドで列をなすドライバーたち。原油価格の下落が、再生可能エネルギーへの転換という課題に大きく立ちはだかる(写真:Monica Almeida/The New York Times)

世界の指導者がパリに集まり、地球温暖化ガスの削減を誓ってから1カ月あまり。再生可能エネルギーへの転換を図るという決意は、早くも試練に立たされている。「犯人」は原油安だ。

ガソリン価格の下落に気をよくして、電気自動車(EV)ではなく、燃費の悪いトラックや多目的スポーツ車(SUV)を選ぶ米国人が増えている。

それでもオバマ政権は、2025年までに新車の燃費を従来の2倍に引き上げることを義務付けた規制を堅持している。中国政府も、グリーン経済推進の手を緩めるつもりはない姿勢を明確にしている。国家発展改革委員会(NDRC)は1月、原油安による石油消費拡大を抑制する新規制を発表し、即日施行した。

再生可能エネルギーとコストの問題

実際、12月に採択された「パリ協定」を維持するためには、各国政府が安い化石燃料の誘惑に負けず、再生可能エネルギー(二酸化炭素排出量ゼロ)の使用を奨励する(または義務付ける)政策を取る必要がある。

しかし、こうした政策は多くの場合、莫大なコストがかかり、政治的にも人気を集めにくい。原油安がここまで進むとなおさらだ。「各国政府にとって、今は、パリでの意思表明が本気だったのかを試すリトマス試験紙だ」と、国際エネルギー機関(IEA)のファティ・ビロル事務局長は語る。

次ページ問われる各国政府の本気度
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。