挫折した球児がメジャーチームに辿りついた

SFジャイアンツのブルペンを支える日本人

かつてメジャーに挑戦した日本人選手の誰よりも多い、3つのチャンピオンリングを持つ植松泰良はどう夢をつかんだのか
2008年からサンフランシスコ・ジャイアンツのブルペンキャッチャーを務め、ワールドシリーズ制覇の証として3つのチャンピオンズリングを持つ植松泰良。アメリカに渡った名もなき若者が、メジャーリーグで夢をつかむまでの軌跡。その後編。
=敬称略=

 

前編:名もなき元球児が掴んだアメリカンドリーム

マイナーリーグの生活は、華やかでない。フレズノはサンフランシスコ・ジャイアンツ直下のAAAのチームだったため、さすがに長距離バスで移動するようなことはなかったそうだが、それでもハードな日々だった。

たとえば、つねにチャーター機を利用するメジャーと違い、フレズノでは一般機での移動だったため、一般客と同じようにチェックインをして、エコノミー席に座る。しかも、マイナーの試合はほとんどナイトゲームで、試合が終わった後に飛ぶ便がないため、ホテルで朝4時、5時まで過ごして、朝いちばんの便に乗って、次の試合がある町に移動。到着した日の夜に試合をする、というスケジュールがシーズンの間、ずっと続くのだ。ホテルでは選手とふたり部屋で、リラックスして過ごせるような雰囲気ではないし、給料も安い。

日本の高校野球で鍛えられた植松でも「きつかった」と漏らす厳しい毎日だったが、時間が経つにつれて、植松のメンタルは選手と同じようにハングリーになっていた。

「いつかメジャーに上がってやる」

まさかのオールスター戦参加

植松は、ボールを投げて、受けて、トレーナーのサポートもするという三役を、がむしゃらにこなしていた。その献身が期せずして報われたのが、2年目の夏だった。

メジャーのオールスター戦の期間、マイナーのチームは休みになる。植松は日本から訪ねて来た父親と過ごす予定だったがある日、当時のジャイアンツ副GMボビー・エバンス氏(現GM)から連絡が入った。

「サンフランシスコでオールスターがあるから、ジャイアンツからスタッフを出すことになったんだ。アメリカンリーグのブルペンキャッチャーなんだけど、やるか?」

イエス! と即答した植松は、父親を車に乗せてサンフランシスコに向かった。

次ページ本拠地AT&Tパークに立った植松の思い
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
単身世帯急増時代の社会保障

家族依存型、日本の社会保障はそう表現されてきた。しかし、単身世帯比率が30年間で2.2倍に急上昇、家族内の支え合いが弱体化。社会保障を強化し、単身世帯の高齢化に備える。