日本の15大財閥 現代企業のルーツをひもとく 菊地浩之著

日本の15大財閥 現代企業のルーツをひもとく 菊地浩之著

財閥とは、日本経営史の研究者である森川英正の定義によると、「富豪の家族・同族の封建的な所有・支配下に成り立つ多角的事業体」となる。

本書は、幕末から明治初期にかけて興った三井、三菱、住友から鴻池、野村、旧鈴木、日産コンツェルンまで主要財閥の沿革をなぞりながら、財閥傘下企業が戦後、どのように解体され、あるいは再編されて現在に至ったのかを、企業集団・企業系列の専門家である著者が解説したもの。

「血は水よりも濃い」財閥系企業が、いかに日本の近代化や高度経済成長に果たした役割が大きかったかがわかる。

近年、企業の合併・統合でどの企業がどの系列かわかりづらくなった中、各財閥の詳細な系統図が掲載されている。

平凡社新書 798円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。