知らないとヤバい!インフル「基本中の基本」

細菌・ウイルスの本質を理解していますか

警戒レベルを高めなければならないシーズンがやってきました(写真:xiangtao / PIXTA)

これからがインフルエンザの流行シーズン

この冬は年末年始など例年よりも気温が高めの暖冬が続いてきたが、1月も半ばを過ぎて東京都内でも交通機関が大混乱するほどの積雪がみられるなど、一気に寒さが厳しくなってきた。厚生労働省は1月15日、インフルエンザの流行シーズンに入ったと発表。学校や職場などでマスクをする人も増えてきて、インフルエンザに限らず、ノロウイルスなどの感染症への警戒ムードが高まっている。

池上彰さんのわかりやすい解説で、インフルエンザなどの仕組みにして切り込む

TBSテレビが1月27日(水)よる8時から3時間SPで放送する『テレビ未来遺産 緊急!池上彰と考える今年の細菌・ウイルス大疑問』は、インフルエンザをはじめとする感染症や、患者数が増え続けている花粉症・アトピーなどのアレルギー、話題の腸内細菌などの研究成果や新事実、本当の仕組みについて、わかりやすい解説で定評のあるジャーナリストの池上彰さんとともに切り込む。

そもそもなぜインフルエンザは寒い冬を中心に流行するのだろうか。風邪とはいったい何か。なぜ、のどが痛くなって熱が出るのか。どのように感染するのか――。こうした基本的なメカニズムをちゃんと理解している人は、実は多くないだろう。

次ページインフルエンザが寒い冬に流行すのはなぜ?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。