北海原油が28ドル割れ、2003年以来の安値に

イラン制裁解除の影響

 1月18日、北海ブレント先物が1バレル=28ドルを割り込み、2003年以来の安値を更新した。写真はニースのガソリンスタンドで2012年8月撮影(2016年 ロイター/Eric Gaillard)

[ロンドン 18日 ロイター] - 18日の取引で北海ブレント先物が1バレル=28ドルを割り込み、2003年以来の安値を更新した。対イラン制裁の解除を受けた同国の増産により供給過多が一段と進むとの懸念が出ていることが背景。

北海ブレント先物<LCOc1>は一時1バレル=27.67ドル、米原油先物<CLc1>は一時1バレル=28.36ドルまで下落し、ともに2003年以来の安値を更新した。

その後は北海ブレント先物は0.12ドル安の28.82ドル、米原油先物は0.27ドル安の29.15ドル近辺まで戻している。

欧米がイランの核開発疑惑をめぐり導入していた制裁により、同国の原油輸出量は制裁導入前の2011年につけたピークから日量約200万バレル減少。ただ制裁解除を受けイランはこの日、産油量を日量50万バレル増加させる方針を表明。供給過多が一段と悪化するとの懸念から原油先物が売られる展開となった。

イラン政府は年末までに産油量を日量100万バレル増加させるとしているが、SEBマーケッツは同国の今年の産油量は日量320万バレルと、増加幅は同40万バレルにとどまるとの見方を示している。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
疑われる日本<br>安保と原発

日本が抱える再処理プルトニウムは48トン。原子爆弾6000発分に相当する量だ。これに中国、韓国が疑念を抱き、東アジアで核兵器原料の増産競争が勃発するおそれも出てきた。