コンセント付きの路線バスが増えているワケ

西東京、京成などでスマホの充電が可能に

西東京バスのキャラクター「にしちゅん」を描いた「にしちゅんバス」

すずめのキャラクター「にしちゅん」があちこちに顔をのぞかせる、カラフルなラッピングバス。東京の多摩地区西部を中心に路線を広げるバス会社、西東京バス(八王子市)が2015年12月末から運行をはじめた「にしちゅんバス」だ。

「にしちゅん」は、2014年度の「ゆるキャラグランプリ」でバス会社としては1位になったという同社のキャラクター。2台ある「にしちゅんバス」はそれぞれ絵柄が違い、高尾山の天狗のお面をつけたにしちゅんや、羽村市や福生市などのB級グルメを手にした姿など、車体の側面や後部には西東京バス沿線にちなんださまざまな姿のにしちゅんが描かれている。

路線バスの車内で充電?

2台のバスはそれぞれ、同社の主要運行エリアである八王子地区にキャンパスのある工学院大学と、日本工学院八王子専門学校の学生がデザイン。2014年から準備を進め、両校でデザインを募集し、数多くの案の中から選ばれた最優秀作品がラッピングされた。

画像を拡大
高尾山の天狗のお面をつけた「にしちゅん」などが描かれたラッピングデザイン

「乗って楽しい車をコンセプトにした」というだけあって、外観だけでなく車内も座席や壁、天井までイラストが描かれ、子どもたちの人気を集めそうな「にしちゅんバス」だが、車内にはほかにも注目すべき点がある。

中央のドアより後ろ、一段高くなった部分の窓側にはコンセントがずらり。実はこのバス、車内で携帯電話やスマートフォンの充電ができる「電源バス」なのだ。

次ページ高速バスでできるなら…
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • Facebook-
Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
ゼネコン バブル超え

大成建設、鹿島、大林組、清水建設の上場4社は2016年3月期、最高純益を更新し、バブル超え。大苦戦の地方ゼネコンは20兆円規模の経済対策に熱視線。業界の未来を見通す。

  • 新刊
  • ランキング