トヨタ、ミライに続きレクサスでもFCVを投入

燃料電池車の第2弾は2020年メド

 1月11日、トヨタ自動車の豊田章男社長(写真)は、2020年をめどに高級車ブランド「レクサス」で無公害の燃料電池自動車(FCV)を販売することを計画していると明らかにした。2015年11月撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

[デトロイト 11日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>の豊田章男社長は11日、2020年をめどに高級車ブランド「レクサス」で無公害の燃料電池自動車(FCV)を販売することを計画していると明らかにした。北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)で記者団に語った。

トヨタは2014年終盤にFCV「ミライ」を投入しており、レクサスFCVはトヨタとしては第2弾モデルのFCVとなる。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
米中接近の真実

昨年の米大統領選で、トランプ氏は中国に対して攻撃的だった。大統領就任後は、打って変わって融和的だ。ポイントは北朝鮮問題。流動的な米中関係の狭間で日本が進む道を示す。