女子W杯準決勝、日本はイングランドと対戦

もう1つの準決勝は米国とドイツ

 6月27日、サッカーの女子W杯カナダ大会、準々決勝、イングランドは開催国カナダに2─1で勝利した。写真は勝利を喜ぶイングランドの選手たち(2015年 ロイター/Matt Kryger-USA TODAY Sports)

[バンクーバー 27日 ロイター] - サッカーの女子ワールドカップ(W杯)カナダ大会は27日、準々決勝の試合を行い、イングランドは開催国カナダに2─1で勝利した。

イングランドは前半14分までに2得点。同42分に失点したが逃げ切り、W杯では初の4強入りを果たした。

イングランドは7月1日の準決勝で、連覇を狙う日本代表「なでしこジャパン」と対戦する。

6月30日に行われるもう1つの準決勝では、米国とドイツが戦う。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
CSR企業ランキング2020年版<br>信頼される会社

CSR(企業の社会的責任)と財務の両データで作成する東洋経済版CSR企業ランキング。14回目の今回はトップ3を通信会社が独占し、KDDIが初のトップに。2位はNTTドコモ、3位は日本電信電話。以下、上位300位まで収録しています。