女子W杯準決勝、日本はイングランドと対戦

もう1つの準決勝は米国とドイツ

 6月27日、サッカーの女子W杯カナダ大会、準々決勝、イングランドは開催国カナダに2─1で勝利した。写真は勝利を喜ぶイングランドの選手たち(2015年 ロイター/Matt Kryger-USA TODAY Sports)

[バンクーバー 27日 ロイター] - サッカーの女子ワールドカップ(W杯)カナダ大会は27日、準々決勝の試合を行い、イングランドは開催国カナダに2─1で勝利した。

イングランドは前半14分までに2得点。同42分に失点したが逃げ切り、W杯では初の4強入りを果たした。

イングランドは7月1日の準決勝で、連覇を狙う日本代表「なでしこジャパン」と対戦する。

6月30日に行われるもう1つの準決勝では、米国とドイツが戦う。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。