女子W杯準決勝、日本はイングランドと対戦

もう1つの準決勝は米国とドイツ

 6月27日、サッカーの女子W杯カナダ大会、準々決勝、イングランドは開催国カナダに2─1で勝利した。写真は勝利を喜ぶイングランドの選手たち(2015年 ロイター/Matt Kryger-USA TODAY Sports)

[バンクーバー 27日 ロイター] - サッカーの女子ワールドカップ(W杯)カナダ大会は27日、準々決勝の試合を行い、イングランドは開催国カナダに2─1で勝利した。

イングランドは前半14分までに2得点。同42分に失点したが逃げ切り、W杯では初の4強入りを果たした。

イングランドは7月1日の準決勝で、連覇を狙う日本代表「なでしこジャパン」と対戦する。

6月30日に行われるもう1つの準決勝では、米国とドイツが戦う。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT