暑くても「仕事がはかどる」オフィスとは?

温度と湿度「別設定できる」エアコンがすごい

夏本番を迎え、厳しい暑さが続く季節となった
日本中で進みつつある働き方改革。いかに生産性を向上させ、長時間労働の削減を図るかが課題となっている。しかし、夏本番を迎えて気温が徐々に高くなり、湿度も高くジットリとした毎日が続く中、正直「暑くて仕事どころじゃない!」と思う人は多いのではないか。そんな厳しい暑さが続く夏でも、効率よく仕事をこなせるオフィス環境について探った。

「暑すぎるvs寒すぎる論争」ついに終結

この連載はこちら

「働き方改革関連法」では、残業時間の上限規制が設けられた。現場からは「仕事量が減らないのに、時間内に仕事を終わらせるにはどうしたらいいか」と頭を悩ませる声が聞こえるばかりだが、集中力や生産性の向上を環境面から追求しようとオフィスそのもののあり方に注目する企業が増えてきた。

だが、この暑さだ。調査会社のマーシュが行ったアンケートによれば「夏は暑くて仕事の効率が下がると思うか」という問いに対して、「とてもそう思う」または「どちらかというとそう思う」と答えた人は、あわせて80%もいた。

さらに、エアコンが効いているはずのオフィスの快適度についても聞いたところ、「不快」または「どちらかというと不快」と答えた人が3割を超え、3人に1人が何かしらの我慢をして仕事をしていることが明らかとなった。
 

オフィスのエアコンと言えば、クールビズの定着に伴い、設定温度は28度というのが一般化している。だが、あらためて設定温度を決めた経緯について「28度論争」が巻き起こるなど、28度設定に疑問を感じる人は多そうだ。実際、今回の調査でも28度設定を不快、どちらかというと不快に感じると答えた人が3割を超えた。

不快に感じる理由については「エアコンの効きが悪い」「エアコンが効きすぎる」「エアコンの風が直接当たる」などエアコンに対する不満が多く、しかも“暑い”、逆に“寒い”と感じる両者の声があることがわかった。「場所によって室温にムラがある」や「人によって快適な温度が異なる」と回答する人も多数いた。

仕事の効率を高める工夫についても聞いたところ「冷房で快適な温度を保つ」が大多数で、「冷房で湿度を調整する」「扇風機を付ける」「軽装・ノーネクタイで過ごす」という回答も多く見られた。こうした「涼」を求める人がいる一方で、「衣類を着る」「膝掛けを利用する」「温かい飲食物を摂る」といった「暖」を求める人も多くいた。

夏場のオフィスの設定温度をめぐる「エアコンバトル」はよく聞く話だが、働き方改革のポイントは「誰にとっても働きやすい環境であること」だ。それは、職場の空気も同じであり、温度の体感や快適、不快の個人差にもあきらめずに取り組むことが求められる時代になっている。

特に高温多湿な日本の夏においては、湿度をコントロールするだけで解決できる可能性もあり、一度試してみる価値がありそうだ。実際、温度と湿度を別に設定できるエアコンがあることをご存じだろうか。

次ページ温度と湿度を別で設定できるエアコンがすごい
関連ページAD
お問い合わせ
ダイキン工業
連載ページはこちら