「おしゃれ度がグンと高まる家電」人気の理由

あのライフスタイルショップ夏のイチ押しは

この夏、蔦谷家電でひときわ目を引く商品とは……
「ライフスタイルを売る」をモットーにコンシェルジュによる独自の商品提案を行う二子玉川 蔦屋家電。部屋に置くだけで空間が一変するおしゃれな家電の数々は、デザインにこだわって日々を心地よく過ごしたいという人たちから高い支持を集めている。果たして、そうした家電製品はどのようにセレクトされるのか。夏に欠かせない商品を通して迫ってみた。

家電が「生活そのもの」を変える

2015年、二子玉川にオープンした二子玉川 蔦屋家電。一般的な家電量販店とは一線を画す、デザイン性にこだわった商品セレクトで、多くの人を惹きつけている。その根底にあるのは、”生活そのものを提案する”というコンセプトだ。モノを売るというよりも、モノを通してこれまでとは違う、ワクワクするようなライフスタイルを売る。そのため、一人ひとりのライフスタイルに合った最適な家電を提案する”コンシェルジュ”というガイド役が店内にいるのも独特だ。

この連載はこちら

商品のセレクトについて、二子玉川 蔦屋家電のコンシェルジュ、横野剛氏はこう話す。「お客さまに”生活提案”ができるもの、お客さまの生活をいい意味で一変させられるもの、というのが商品選びの一つの基準になっています」。そんな蔦屋家電がオープンして今年で3年目。開店当初に比べ、商品展開には”ある変化”が見られるという。

二子玉川 蔦屋家電
リビングコンシェルジュ
家電製品総合アドバイザー
横野剛

「家電という看板を掲げていることもあり、当初はさまざまな商品をそろえていました。しかし、現在は、われわれがイチ押しする商品に絞っています。たとえばテレビなら、通常置いているのは5種類のみです。他店にあまりない商品や、当店のみの限定ものも多く置いています。おすすめの商品を絞ることで、われわれの独自性がよりハッキリしたのではないかと思います」

そうした厳選された商品展開の中でも、とりわけ目に付く一角があった。世界的な空調専業メーカー・ダイキン工業が、今年3月に発売した家庭用エアコン「risora(リソラ)」の売り場だ。店内のエアコンコーナーには、壁面の大きなスペースを使って「risora(リソラ)」専用の特設ブースが設けられ、演出パネルを用いてスタイリッシュに飾られていた。

横野氏は「今までのエアコンにはなかった概念の商品であることと、空間の演出やインテリアとしての面を重視したいというメーカーさんの想いが、まさにわれわれが考える”生活提案”と重なるものだと考え、大々的にやりましょうという流れになりました」と「risora(リソラ)」の取り扱いを始めた理由を話す。

次ページまず驚くのは、色と薄さ
関連ページAD
お問い合わせ
ダイキン工業
連載ページはこちら