カプコン「不朽の名作」をあえて今語ってみる

「逆転裁判」と縁深い「ゴーストトリック」

(C)CAPCOM CO., LTD. 2010 ALL RIGHTS RESERVED.

法廷バトルを生み出した、カプコンの人気作「逆転裁判」シリーズが15周年ということで、コンサートやギャラリーなど、さまざまなイベントが行われている。『大逆転裁判2』の発売も8月に控え、ますます逆転裁判シリーズの世界は広がっている。

逆転裁判シリーズが15周年で盛り上がる中

過去の連載一覧はこちら

というわけで、今回は逆転裁判シリーズ……ではなく、逆転裁判シリーズの生みの親である、ゲームデザイナーの巧舟氏の作品である『GHOST TRICK(以下、ゴーストトリック)』を取り上げたい。

『ゴーストトリック』は2010年にニンテンドーDS用ソフトとして発売されたミステリー・アドベンチャー・ゲーム。現在はiOS版も配信されている。DS版のソフトであれば現行のNew3DSやNew2DSでも遊ぶことができるし、iOS版ならいつでもダウンロードして遊ぶことができる。『ゴーストトリック』のWebサイトでは体験版がプレーでき、iOS版は2章までを無料でプレーできる。

逆転裁判シリーズが15周年で盛り上がる中で、どうも『ゴーストトリック』が忘れ去られているような気がする。さまざまな理由でファンから酷評された『逆転裁判4』の後のゲームなので、当時の巧舟氏に不信感を持っていた人が買わなかったまま忘れてしまっていたり、また『レイトン教授VS逆転裁判』や、『大逆転裁判』あたりから入った人が、このソフトを知らなかったとしたら、それはとてももったいないことだと思う。

ここからはネタバレを含む点をお断りしておきたい。

次ページ4分前に戻ってやり直す
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。