接待ゴルフで「月6万円」、会社経費にできるか

会社の「業務」に必要な費用?

接待ゴルフは経費として申請できるのか?(写真:IYO / PIXTA)

接待ゴルフで自費は当たり前なのか――。ネットのQ&Aサイトにこのような相談が寄せられた。相談者の夫は、客の接待ゴルフや休日に上司から誘われたゴルフで、月に6万円使っていて、痛い出費となっているようだ。相談者は「通常、会社で負担してくれるものじゃないのでしょうか?」と不満を投げかけている。

接待ゴルフにかかったおカネを経費として申請することはできるのだろうか。また、休日の接待ゴルフについて、休日出勤手当を支給してもらえるのだろうか。戸田哲弁護士に聞いた。

接待ゴルフは経費申請できる?

当記事は弁護士ドットコムニュース(運営:弁護士ドットコム)の提供記事です

「ゴルフは強制されずにやりたいものです。せめて会社が『コンペ代も、休日手当も会社が出してやるよ!』と認めてくれればいいですが、このご時世そうもいかないですよね。

まず、接待ゴルフが経費として申請できるか検討します。

基本的には、業務のために必要な費用であれば、立て替えた費用を会社に請求することができます。たとえば、出張時の新幹線代を立て替えた場合は、当然会社に請求しますよね。この新幹線代は、出張という業務のために必要な移動費用であり、当然、会社が負担すべきです。

これに対して、接待ゴルフは、一般的には会社の『業務』とは言いにくい性質があります。取引先との付き合いという目的は、業務と関わりはあります。ただ単に上司に誘われただけ程度のものであれば、経費を会社に請求するのは難しいでしょう。

もっとも、具体的な商談を兼ねるような場合や、会社から参加命令されるような場合であれば、請求できる可能性はあります」

次ページ休日出勤の手当は認められる?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。