ロンドン地下鉄、週末限定で終夜運行を開始

初めは東西と南北を結ぶ2路線で運行

 8月19日、「チューブ」の愛称で知られるロンドンの地下鉄が、金曜と土曜の終夜運転を開始した。3月撮影(2016年 ロイター/Russell Boyce)

[ロンドン 19日 ロイター] - 「チューブ」の愛称で知られるロンドンの地下鉄が、19日から金曜と土曜の終夜運転を開始した。初めは東西と南北を結ぶ2路線で運行し、今後ヒースロー空港への路線を含む3路線でも導入される予定。

地下鉄の終夜運転は長らく予定されていたが、導入に伴う賃金引上げや労働条件改善を求める労組の反対で延期されてきた。

米ニューヨークの地下鉄ではすでに終夜運転が行われているほか、パリの地下鉄(メトロ)も週末に深夜まで運行している。

サディク・カーン・ロンドン市長によると、終夜運転により、年間7700万ポンド(約100億円)の経済効果が見込まれる。

世界で最も古い地下鉄である「チューブ」は1863年1月10日にパディントンとファリンドン・ストリート間で開通。現在では近隣の郊外にまで広がり、年間の利用客は13億人を超える。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT