相澤 理(あいざわ おさむ)
学びエイド講師

1973年生まれ。東京大学文学部卒業。市進予備校prep15水道橋校・Z会東大マスターコースで「東大日本史」講座を担当し、数多くの東大合格者を輩出する。
現在は、RGBサリヴァン講師として首都圏各校で受験指導にあたるかたわら、教育ポータルサイト「学びエイド」において無料で動画の配信をおこなっている。
おもな著書は、『歴史が面白くなる 東大のディープな日本史』シリーズ(全3作、いずれもKADOKAWA)、『「憲法」とは何かを伊藤博文に学ぶ』(アーク出版)など多数。

トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
能力「見える化」で採用を変える<br>働き方改革の起爆剤

自分の能力がどこまで通用するのかを世界的に証明するQF。能力を「見える化」する、国をまたいだ評価の物差しだ。「働き方改革」でQFが果たす役割は大きい。改革の起爆剤になるのか。