牧田 幸裕(まきた ゆきひろ) Hiroyuki Makita
信州大学大学院准教授

京都大学経済学部卒業、京都大学大学院経済学研究科修了。ハーバード大学経営大学院エクゼクティブ・エデュケーション(GCPCL)修了。アクセンチュア戦略グループなどを経て、2003年日本IBMへ移籍。インダストリアル事業本部クライアント・パートナー。製造業、消費財企業の中期経営計画策定支援、成長戦略策定支援などを行う。2006年、信州大学大学院経済・社会政策科学研究科助教授。2007年、同准教授。

年間100日以上新幹線で移動するビジネスと、子どもの教育を両立。自らのビジネススキルをお受験に応用し、長男と共にお受験に臨んだ。その結果、長男は都内最難関の国立小学校と私立小学校3校に合格。

『フレームワークを使いこなすための50問』(2009 東洋経済新報社)
『ラーメン二郎にまなぶ経営学』(2010 東洋経済新報社)
『ポーターの「競争の戦略」を使いこなすための23問』(2012 東洋経済新報社)
『得点力を鍛える』(2012 東洋経済新報社)
 

トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
秋から始める<br>プログラミング

30~50代、しかも、金融、不動産など幅広い業種の社会人がプログラミングを学び始めている。1カ月でマスターする方法、高収入が得られる言語を紹介。読めば秋から始めたくなる。