「ミニマリスト」に執心の夫と離婚できますか

価値観の折り合いをつけるのは難しいが…

夫がミニマリストにハマり、困っている妻。離婚できるのでしょうか(写真 : bee / PIXTA)

身の回りのモノを限りなく減らし、最低限のモノだけで暮らす「ミニマリスト」。そんな「ミニマリスト」にハマった夫に悩んでいる女性が、ネットの掲示板に書き込みをした。

女性によると、ある日突然、在宅の仕事で使う道具の一部と時計がなくなっていたのだという。家中探しても見つからず、夫に聞くと「捨ててないよ~隠しただけ! ただ物がないこともいいもんだと実感してほしかった」と答えたのだそうだ。

夫の言葉を聞いた女性は「自分の物はいい! でも二度と私の物に触らないで!」と怒鳴ったが、夫は聞く耳を持たず、有名ミニマリストの「武勇伝的な話」を延々と語ったのだという。

「婚姻を継続しがたい重大な事由」かどうか

当記事は弁護士ドットコムニュース(運営:弁護士ドットコム)の提供記事です

隠された仕事道具はその後、冷蔵庫の上で、ホコリを被った状態で見つかった。女性は「ミニマリストに執心してから物を捨てるという事に関して旦那は別人のようです。これ以上2人で話し合っても無駄かもしれないです。何かに執着=悪らしいので。きっと嫁も捨てたらサッパリ晴れ晴れなんだと思います」と語り、離婚も考えているという。

夫が「ミニマリスト」に執着し、夫婦で話し合いをしようにも、夫の言い分が支離滅裂で理解できないという場合、妻は離婚できるのだろうか。柳原桑子弁護士に聞いた。

「離婚は、夫婦が話し合って合意する離婚と、合意ができず、裁判所で判断してもらう離婚の二つに大きく分けられます。話し合いで離婚する場合は、その理由がどのようなことであっても、合意が成立しさえすれば離婚できます」

柳原弁護士はこのように述べる。

次ページもし裁判までもつれたら…?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。