ブリヂストン、米ペップ・ボーイズ買収断念

対抗案を提示せず

 12月29日、ブリヂストンは、米自動車用品小売り大手ペップ・ボーイズ買収をめぐり、著名投資家アイカーン氏による最新の買収提案への対抗案は出さないと発表した。写真はペップ・ボーイズのロゴ、カリフォルニア州で8日撮影(2015年 ロイター/Mike Blake)

[29日 ロイター] - ブリヂストン<5108.T>は、米自動車用品小売り大手ペップ・ボーイズ・マニー・モー&ジャック<PBY.N>買収をめぐり、米著名投資家カール・アイカーン氏による最新の買収提案への対抗案は出さないと発表した。

ペップ社については、ブリヂストンとアイカーン氏の買収合戦になっており、ブリヂストンが24日に買収額を1株17ドルに引き上げたのに対し、アイカーン氏は28日、同18.50ドルに上積みした。

アイカーン氏による買収価格の引き上げを受けて、ペップ・ボーイズは28日、以前に受け入れで合意していたブリヂストンの案よりも優位な内容と判断、ブリヂストンとの合意を破棄する意向を示していた。

関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
トヨタの焦燥<br>トランプ 次世代車 ケイレツ<br> 3つの難題

エコカーの金看板「プリウス」に大逆風。トランプ大統領が「米国に工場作れ」と名指しで批判。アップル・グーグルが参入し、次世代車の開発競争激化。トヨタの変革は急ピッチで進む。