ギリシャ問題、実は「宗教」に起因していた!

「地政学」で経済ニュースがよくわかる

ギリシャの財政問題の背景には、実は宗教の歴史があります。(写真:ロイター/アフロ )
極端にグローバル化した現代では、遠いヨーロッパの出来事が、日本経済に大きな影響を与えることがあります。そのひとつが、ユーロ危機。ギリシャ問題は今後どうなっていくのでしょうか。
ニュースを追いかけているだけでは、全貌をつかめない「経済ニュース」。その根っこも、「世界史」と「地政学」から見れば、すんなりわかります。予備校の人気講師が、ストーリーで教える「ニュースのなぜ?」。ヨーロッパの経済と宗教の関係に迫ります。

なぜEUはギリシャを見捨てないのか?

近年ヨーロッパを揺るがしているギリシャの財政問題。ギリシャの財政は慢性的に破綻寸前なのに、なんだかんだと生き延びているのは、なぜでしょうか。

そこには、欧米諸国とロシアとの駆け引きがあります。

ロシア側から見れば、ギリシャは宗教が同じで、ともに正教会(東方教会)です。もともとは東ローマ帝国のキリスト教でした。ギリシャ文字からつくられたのがロシア文字(キリル文字)なので、文字までそっくり。文化的背景がよく似ているのです。

また、ギリシャは地中海に突き出た半島ですから、地政学的にも重要です。この場所にロシアの軍港をつくっておけば、「南下政策」もやりやすくなります。19世紀以降、ロシアはギリシャを始めとした、バルカン半島の国々になんだかんだと口を出し、介入してきました。

こうしたロシアの干渉を恐れたのが、イギリスとフランスです。

インドを植民地にしていたイギリスには、インドに行くための地中海ルートを確保したいという思惑がありました。この「インド・ルート」を確保するために、地中海と紅海を結ぶスエズ運河までつくったほどです。ですからイギリスやフランスは、ギリシャにロシア軍が進出してきたら困るのです。

次ページロシア側につかれると困るので……
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。